道草日和。

「子午線を求めて」

「子午線を求めて」
堀江敏幸
講談社文庫

著者は、小説だとかエッセイだとかの
ジャンル付けをうれしく思わない。
読者である私も、ジャンルを飛び越えて読まざるをえない、
そういう文章だからだ。

「論考にしては蕪雑だし、思考のレッスンとしては緻密さに欠け」と
著者はいうが、
緻密さというのは、こういうことをいうのではないだろうか。
パリの子午線、「パリ郊外」の小説群、絵画・写真と小説の関係…
暖かい日差しを感じさせる文章と、一転、突き刺さる現実への視点。
私のような、うかうかと日々を過ごすものには
過酷な「レッスン」だった。

過酷さはそれだけではない。
知らない漢字・熟語に出くわすのだ、だから
この本は漢語辞典を片手に読む。

そして、もう一つの過酷…というか悲しさは
「レッスン」の厳しさに耐え切れず、本を閉じ
居眠りをして電車を行ったりきたりして、
降りたときには定期券を失っていたことだ…。
[PR]
by haraheri4 | 2008-12-08 21:12 | 読書 | Comments(0)
<< 「チャイルド44」 「郊外へ」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索