道草日和。

「追憶のかけら」

「追憶のかけら」
貫井徳郎
文春文庫

解説には「デビュー作のようなトリッキーなものではない」「本格より人間を描いたミステリーが好きな人におすすめ」とあった…
私が貫井さんに求めているのは、まさに「トリッキー」な本格なんだけどな。

とはいえ。
読みました、653p。
半分読んでも、まだ謎が提示されたくらいで
そこから読者は悪意の二転三転へ引き釣り込まれる。
悪意は寒気をもよおす…冬向きではないかもしれない。
けれど、アンハッピーよりハッピーな終わりが好きですから
最後まで読んで、ほっと胸をなでおろした感じです。

私のブログにも時折読んでいてつらくなる書き込みがありますが、
私が読んでつらくなる書き込みは消させてもらいますね、ご了承ください。
[PR]
by haraheri4 | 2008-12-23 13:25 | 読書 | Comments(0)
<< 「くらやみの速さはどれくらい」 「バスジャック」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索