道草日和。

「沼地のある森を抜けて」

「沼地のある森を抜けて」
梨木香歩
新潮文庫

08年最後の読書は
「ぬかどこファンタジー」。
自分とは何か、どこからきたのか、
生物とは何か、細胞とは…
という、「ぬかどこ」から広がる理科と人と人とのつながりファンタジー。
細胞の思いも
人の思いも
同じ…ひとりぼっちはいやなんだ。
誰かに話しかけたかったんだ。

来年も、素敵な本と出会いたいものです。
[PR]
by haraheri4 | 2008-12-31 11:38 | 読書 | Comments(0)
<< あけましておめでとうございます。 「くらやみの速さはどれくらい」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索