道草日和。

「静寂の叫び」

「静寂の叫び」上・下
ジェフリー・ディーヴァー
ハヤカワ文庫

「静寂の叫び」は人質のことを指す。
これは人質立てこもり事件の物語。
ピストル、暗闇、ぬれた地面、暗い部屋、包囲する100人の警官。
これら陰惨な事件の道具とともに、
この小説で重要なのはストックホルム症候群。
犯人と人質、犯人と交渉人、交渉人と人質、
この三角形の中で長時間緊密なときをすごし、
相手に何らかの親密さを持つことをいう。
この物語では、起こるべきところで症候群は起きず、
起きてはならぬところで症候群は起きる。
そして私たち読者は、三角の点と点を結んで延ばしていった先の点に位置する。
私たちもストックホルム症候群に組み入れられてしまうのだ。
そうしてできたテキストは、人質事件解決と見られたあと
まだ数十ページを残している。
事件は最後まで終わらないのだ。
[PR]
by haraheri4 | 2009-01-18 17:33 | 読書 | Comments(0)
<< ねこ3匹 「バック・ファンショーの葬式」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索