道草日和。

「たったひとつの冴えたやりかた」

「たったひとつの冴えたやりかた」
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
ハヤカワ文庫

もう20年も前に訳されたSFの古典。
スペースファンタジー、というおもしろさ満点。
宇宙を行き来することは、時間を飛び越えること。
時間を飛び越えた情報を、
今ならインターネットでできるだけ短縮できるかもしれない
(いや、わからない。いま、どうやって宇宙コロニーと連絡を取っているのか…)。
しかし、この作品では
「メッセージ・パイプ」という宇宙空間を旅する手紙(録音テープ)で
いま「数十年前」の事実を知る。
そのジレンマ、聞く者たちは「いま」立ち上がっても
「テープの時間」には間に合わない。
その間の差を埋められないつらさが、物語のおもしろさを作る。
[PR]
by haraheri4 | 2009-02-05 21:37 | 読書 | Comments(0)
<< 「消えた少年たち」 昨日のねこたち >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索