「深海のYrr」

「深海のYrr」
フランク・シェッツィング
ハヤカワ文庫

「深海のYrr」上
(2009.03.23)


「深海のYrr」中
(2009.03.28)


「深海のYrr」下
環境政策で先進国、ドイツの作家の小説。
元のドイツ語本では1.1キログラム、大作です。

私たちはいつか、生物の一種であることを忘れ
あらゆる生物の頂点にいると勘違いしている。
太陽系でただ一つ、生命の星、地球を
あらゆる種類の生命が分け合い、支えあって住んでいるというのに。

この小説は、その本来「当然」であることを思い出させ、
現在の経済・政治活動への鋭い警告を発する。
どこの国が主導権を握るなどと、つまらぬ政治のやり取りをしている場合ではない。
国を超え、地球に住むものの責任を
すべての人類が果たすとき。

事態は深刻。
なれど、どんどん読める「冒険小説」の面もあり。
科学者と軍人の発想の違いが、Yrrとの対話の妨げになる。
科学者の真実を求めていくつよさ、
科学者たちの結束。
友情と愛情、絶望の中で希望を求めていこうというきもち。
どきどきのSFです。
(2009.03.28)
[PR]

by haraheri4 | 2009-03-31 17:14 | 読書 | Comments(0)