道草日和。

「白魔」

「白魔」
マッケン
光文社古典新訳文庫

作者マッケンの目には
ロンドンが二重写しに見えていたのだろう。
シティへ向かう道、
乗り合いバスの乗客、
帰宅した部屋の窓、
すべてが(マッケンいわく)「本来の世界」と重なって見える。
妖精や大切な呪文、疲れを癒す不思議な泉、
主人公は自分がそういった「本来の世界」の住人であることに気づき、
もう戻ってはこない。

マッケンは見えていたけれど、「本来の世界」の住人にはなれなかった。
きっと、それは彼にとって苦痛だったのだろう。

イギリスの怪奇幻想小説の古典。
[PR]
by haraheri4 | 2009-04-05 12:17 | 読書 | Comments(0)
<< 「スカイ・イクリプス」 「少女七竃と七人の可愛そうな大人」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索