道草日和。

「愚行録」

「愚行録」
貫井徳郎
創元推理文庫

「慟哭」で貫井さんと出会い、
叙述トリックのおもしろさを教えてもらいました。
でもある1冊で、しばらく貫井さんから遠ざかっていたのですが、
今回「愚行録」でもう一度貫井さんに震えました。

「本当に愚かなのは、誰?」という帯の一言、
これしかいえない。
あとはストーリーも、トリックも(当然!)、結末もいえない。
社会を見ること、社会の最小単位である家族を見ることを
同時進行で進めて、そのゆがみを見せ付ける。
切なくて、また自分の愚かさを知る。

叙述トリックは、ただの細工ではなく
この物語を語るために必要な舞台。
最初の1頁、途中の登場人物、
一言でも読み飛ばせば、結末が読みきれない。
緊張の読書体験。
(2009.04.22)
[PR]
by haraheri4 | 2009-04-26 10:08 | 読書 | Comments(0)
<< 「太陽の塔」 「溺レる」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索