「テンプル騎士団の古文書」

「テンプル騎士団の古文書」
レイモンド・クーリー
ハヤカワ文庫

「テンプル騎士団の古文書」上
(2009.05.03)

「テンプル騎士団の古文書」下
(2009.05.04)

神の子として2000年もの間、人々から敬われてきた一人の男。
神の子であるがゆえ、不思議な伝説がたくさんある。
神の子であることが、その宗教の柱であり、
人々から信仰を受ける柱でもある。

その男が「人の子」であったら?

ヴァチカンの至宝展が馬に乗り騎士の姿をした盗人に荒らされる。
捜査にあたるFBI、ヴァチカンからきた優しい目の司教、
事件にいあわせた女性考古学者、違う形で居合わせた男性考古学者。
それぞれの思惑が入り乱れ、
捜査は人類史を変える冒険へと変わる。
テンプル騎士団の古文書は、誰を守ったものだったのか。
思いは数百年の時を経て、「守るべきものを守る」結末を迎える。

だが、真実はいずれ明らかになる。
その日がきて、それに何億もの人々がそれを受け入れ
乗り越えていく日がくる。

私は神仏を信じない。
だがあらゆるものに私を超える存在が宿る
(八百万の神々=古事記みたいな)ような気がしている。
吹く風、咲く花、鳴く鳥に私は
過去でも未来でもないものを願う。
「私が分別ある一人の人間として立っていられますように」と。
[PR]

by haraheri4 | 2009-05-04 19:20 | 読書 | Comments(0)