「カブト虫殺人事件」

「カブト虫殺人事件」
ヴァン・ダイン
創元推理文庫

一目でわかる罠が、
「巧妙なもう一つの罠」になる。
罠にかけているのは、罠にかけたいのは誰。
犯人は意外な裁きを受ける。

この本を探しに2件の本屋に回った。
1件目で「絶版」とわかったが、
在庫がないか調べにいったのだ。
それでもないので図書館に行った。
横浜市港北図書館にあるというので、取り寄せて
(私は港北区民ではない)読んだ。

簡単に言うと、いま読むには苦労する本だということ。
それでもこの本を読む必要があったのだ。
港北図書館所蔵のこの本が、
もしかしたら今、横浜中を回っているのではないだろうか。
(2009.05.20)
[PR]

by haraheri4 | 2009-05-20 16:23 | 読書 | Comments(0)