道草日和。

「時計じかけのオレンジ」

「時計じかけのオレンジ」
アントニイ・バージェス
ハヤカワepi文庫

少年・青年期とは特別なもの。
おとなにはない権利をもち、おとなにある権利をもたない。
成長しつつある人間として、
おとなたちは広い心でその成長を見守る。

たとえ暴力にまみれていても、彼からその心を奪うことはできない。
善悪、やりたいこと・好きなことは彼が選んでいくものだ。

そしてやがて少年はおとなになっていくのだ。

ロシア語めいたスラングが「ハラショー」!
強烈な暴力シーン、帯には「R-18」の文字。
そして「兄弟よ」と、話しかけられると、
その「みなさまの誠実な語り手」の言葉を聞かずにいられない。
(2009.05.27)
[PR]
by haraheri4 | 2009-05-30 09:26 | 読書 | Comments(0)
<< 「龍宮」 「ニッポン硬貨の謎」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索