「飛ぶ教室」

「飛ぶ教室」
ケストナー
光文社古典新訳文庫

少年たちは、「かわいらしく、美しいもの」と書かれてきた童話に
「少年とは戦い、悩み、悲しみ、友を愛するもの」と挑む、
そう、悲しさを悲しめ。
嬉しさを嬉しいと叫べ、少年たちよ。

仲間がいて、家族がいたり、いなかったりして、
そして子どもの心を忘れない先生がいたら
少年たちは悲しみを悲しめる。
嬉しさを叫べるんだ。
(2009.05.29)
[PR]

by haraheri4 | 2009-05-30 09:38 | 読書 | Comments(0)