道草日和。

「おひとりさまの老後」

「おひとりさまの老後」
上野千鶴子
法研

めずらしくノンフィクション。
職場の人が、老後を過ごすグループホームを立ち上げる、
ということを考えている。
その人に「ある朝突然死にたい」といったら
「ピンピンコロリなんて甘い!」といわれ、貸してもらった本。
読んでみて。甘かったか、やっぱり。

大事なのはお金で買えない友達。
メールでつながっていて、
おしゃべりができて、
死んだとき一人でもすぐに見つけてもらえるネットワークをもっていること。

そして孤独を楽しめること。
一人も二人もみんなも、いろいろなパターンの交友がこれからもある、
それをそれぞれ楽しめること。

介護される心得、死ぬ前に片付けておきたい秘密の宝物、
遺書は書いておくといいらしい…
などなど、まだあまり考えていなかったことを考えた。
誰でも最後はひとり、
そのとき「ひとりでも孤立していない」暮らしを最後まで過ごせたら…と思う。
でも、お金もやっぱりいるよなあ…。
[PR]
by haraheri4 | 2009-07-31 19:56 | 読書 | Comments(0)
<< 「神の守り人」 「シンデレラ・ティース」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索