「神の守り人」

「神の守り人」
上橋菜穂子
新潮文庫

「神の守り人 上 来訪編」
(2009.07.31)

「神の守り人 下 帰還編」
守り人シリーズ第5・6弾の文庫化。
待望の新刊。

これまでも困難な敵とまみえてきた用心棒が、
二重の敵に苦しむ。
一方では短槍で戦えるが、もう一方とどう対していくのか。
敵の姿が、1つからやがて複雑な形へと変わっていき、
何と戦うのか、誰を守るのか、鋭く問われる。
幼き守り人の下す決断に、胸を打たれます。

短槍が踊るように走る音、凍える冬の街道、
傷をいたわる食べ物、花の香りのする着物、
人と人とのふれあい、裏切りや憎しみ。
大きな物語を支えるさまざまな要素が
見えるように描かれているのも魅力です。
今回少し用心棒と薬草師が接近したかな?今後が楽しみ。

同時に「バルサの食卓」が刊行されました。
もう、守り人の世界!「獣の奏者」の世界!です。
おいしそうなたべもの満載のレシピ本、
作ったら(読むのが先か?)ご紹介します。
(2009.08.01)
[PR]

by haraheri4 | 2009-08-01 20:17 | 読書 | Comments(0)