道草日和。

「№6 ♯5」

「№6 ♯5」
あさのあつこ
講談社文庫

「葬送」を中断して「№6」を読む。

考えろ。
いや、考えなくていい。
ただ、見ればいい。
自分は裸眼で見ているつもりか、
本当は気づいているんじゃないのか、
何十ものフィルターで目が覆われていることを。
フィルターを砕き、裸眼で見ればいい。
私を、私とつながるこの世を。
その現実は、地獄より地獄。
希望はあきらめぬ心に…。

若い読者たちが、この物語に出会い、
裸眼で世界を見ることを知る、
ということは「幸運」よりもっと「必要」に迫られている。
作家もともに世界を知ろうとしている。

でも、「№6」は文庫化されてもなお、継続中のお話なのよね。
続きはどうなる?
[PR]
by haraheri4 | 2009-08-18 18:36 | 読書 | Comments(0)
<< そばの花2 夏休み!めいとパンを焼く >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索