「罪と罰」

「罪と罰」
ドストエフスキー
新潮文庫

「罪と罰」上
(2009.09.16)

「罪と罰」下
自分で作り出した考えに苦しめられる青年と、
生活そのものに苦しむ民衆の姿が
ひとりひとり詳細な描写で迫ってくる。
青年は自分では気づかぬうちに、
人間をみて、その喜怒哀楽に心が引き寄せられている。
小説の最初から、そういう姿が描かれていて
エピローグでの彼の変化の根っこを見せる。

長いおしゃべり、食い扶持のない人々があふれた町、
狭いアパート、暗く澱んだ川。
ロシアの当時の様子が、目に見えるようだ。

にしても。
ロシアの人々の名前には苦しめられました。
たぶん、このややこしく、またいくつも呼び方がある名前のおかげで
私はだいじなところを読み落としてしまっている。
この新潮文庫版では上下に分かれていて
上巻最後に劇的な出会いがあるのだが、
そのときはその「劇的」っぷりに気づかず、
下巻に入って「あ、この人、あの人か!」と気づく…というありさま。ふう。
(2009.09.19)
[PR]

by haraheri4 | 2009-09-20 07:38 | 読書 | Comments(0)