道草日和。

「罪と罰」

「罪と罰」
ドストエフスキー
新潮文庫

「罪と罰」上
(2009.09.16)

「罪と罰」下
自分で作り出した考えに苦しめられる青年と、
生活そのものに苦しむ民衆の姿が
ひとりひとり詳細な描写で迫ってくる。
青年は自分では気づかぬうちに、
人間をみて、その喜怒哀楽に心が引き寄せられている。
小説の最初から、そういう姿が描かれていて
エピローグでの彼の変化の根っこを見せる。

長いおしゃべり、食い扶持のない人々があふれた町、
狭いアパート、暗く澱んだ川。
ロシアの当時の様子が、目に見えるようだ。

にしても。
ロシアの人々の名前には苦しめられました。
たぶん、このややこしく、またいくつも呼び方がある名前のおかげで
私はだいじなところを読み落としてしまっている。
この新潮文庫版では上下に分かれていて
上巻最後に劇的な出会いがあるのだが、
そのときはその「劇的」っぷりに気づかず、
下巻に入って「あ、この人、あの人か!」と気づく…というありさま。ふう。
(2009.09.19)
[PR]
by haraheri4 | 2009-09-20 07:38 | 読書 | Comments(0)
<< 『ヴィヨンの妻』『桜桃』 自家製酵母・りんごパン・元種3... >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索