道草日和。

「旅涯ての地」

「旅涯ての地」
坂東眞砂子
角川書店

東の果ての国に生まれた男。
シルクロードと海を越え、西の果てへと連れてこられ
ある宝を手にし、そのために追われ、
〈山の彼方〉にたどり着く。そしてその先には。
男が求めるものとは、人生とは、愛とは、
ある宝が伝える言葉とはなにか。
物語はどんどん転がりながら、最後の頁まで私をひきつけて離さない。
物語は男の人生を順に追う形ではなく、
今と過去とが混ざり合い、進んでいく。
気づく人は早いうちに、私のようなうかつなものでもそのうち、
物語はある有名な本と関わりがあることを知る。

地にいることができず、
境に身を置かざるを得なかった男の言葉がいくつも心に残る。
[PR]
by haraheri4 | 2009-09-24 18:07 | 読書 | Comments(0)
<< 「地を這う虫」 「クビキリサイクル」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索