道草日和。

「野火」

「野火」
大岡昇平
新潮現代文学23「野火・事件」

何度目かの再読。

戦を知らなくても、
文学を通じて私は戦場におかれる。
「権力のために強制された生活」はもはや生活とはいえない。
さまよい歩く周りには人から遠く離れた姿をした死体。
それでも右半身と左半身がばらばらな動きをして
意思を通そうとする自分を止める。
体が死ぬか、心が死ぬか。それは同じこと。
戦場から体が離れても、野火が見えるのなら。

今、新聞に現れる事柄はもう「徴候」を超えている。
知らないから、などといってはいられないほど
近づく軍靴の音に耳をふさぐな、私よ。
[PR]
by haraheri4 | 2009-10-03 14:26 | 読書 | Comments(0)
<< 「クビシメロマンチスト」 … >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索