道草日和。

「はるさきのへび」

「はるさきのへび」
椎名誠
集英社

1994年に出された「私小説」短編集。

久しぶりに読んだ椎名さんの小説世界では、
私には意外な「女性の出現」と背景ある夫婦の不安が描かれていたり、
あの岳くんがボクサーになっていたり、
姉の葉ちゃんがアメリカに留学したりしていた。
…といっても、もう15年も前の本なんだけれど、
私としては、椎名さんの住む町で働いていたこともあり、
また多くの椎名さんファンが思うように(←想像だけど)、
家族の物語を、そのヒキコモゴモをともに過ごしたような勘違いをしていて、
だから、「あれから家族にもまたいろいろあったんだなあ」などと
感慨をもったりした。

家族と離れて、家族を思うきもち。
「心の底があったかく」なったり、「遠い不安」を抱いたり。
それでも家族が、家族のことを思うと、なんだか「やさしく」なったり。
それぞれがのんびりしていたり、一生懸命だったり、
自分流に生きながら、家族として思いあうすがた。

これが書かれた当時の留学先のアメリカは、
葉ちゃんの好きな紅茶の品揃えが少ない。
なら、私は岳くんが行ったイギリスの方に行ってみたい、
などと、(椎名さん風にいうと)すばやく思ったりした。
[PR]
by haraheri4 | 2009-10-17 16:35 | 読書 | Comments(0)
<< このところの週末の本 「ひとがた流し」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索