道草日和。

「薪能」

「薪能」
立原正秋
光風社書店

1966年発行の短編集。

うーん…。
今日の横浜の天気のような、
くもりのち雨みたいな。

男と女がいて、もう一人女がいる。
男は自分は何も決めない、
女が決めることだ、それに従うだけだ、と嘯く。
崩壊していく心・体・家庭。
その「風景」を眺めながら「自分は二人の女を愛している」と思う。
彼は自分が壊していることを知り、自分も壊れていることも知りながら、
自分では動かない。
…きついなあ。
読んでいるこちらまで、おなかが痛くなるようです。
しかも、同じテーマでいくつも短編がくると、
柔らかい手で、柔らかくおなかを殴られながら、
痛いことに気づかないうちに弱っていくようで…。
体調万全でお読みください。

神奈川のみなさん、舞台の多くは湘南です。
[PR]
by haraheri4 | 2009-10-24 18:53 | 読書 | Comments(0)
<< 「ガールズ・ブルーⅡ」 「中国名詩選 上」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索