道草日和。

「薬指の標本」

「薬指の標本」
小川洋子
新潮文庫

短編2つ。

『薬指の標本』
標本を夏休みの宿題にするのは男子だった。
女子は集めて眺めるより、きっと眺められたいのだろう。

誰かが、自分にぴったり合っていたとしても
それは自分ではない。
自分の領域を侵してもかまわないと思うなら、
自分の一部を差し出しても見つめてほしいと思うなら、
それを決めるのは自分だから。

危うい、それでもそのきもちはわかってしまう。

『六角形の小部屋』
私の心配事を解決できるのは、自分なのだろう。
自分の言葉を聴きながら、自分を客観的に取り出して、
それを見ることができるなら、いつか小部屋はいらなくなる。
けれど、その目的を見失ってしまったら、
自分は自分で立つ、ということができなくなっていることに気づくだろう。

(2009.11.04)
[PR]
by haraheri4 | 2009-11-05 17:37 | 読書 | Comments(0)
<< 「イン・ザ・プール」 憲法公布の日 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索