道草日和。

「フィッシュストーリー」

「フィッシュストーリー」
伊坂幸太郎
新潮文庫

電車の吊広告を見て、少しがっかり。
私は新潮文庫の思う壺のような読書をしているのか、と。
いや、まあ、別格の作家っていますよね。
文庫になったら即買いの人。
それがたまたま、宮部さん、伊坂さんと続いただけだと…うーん。

深刻な、緊迫した場面で、なぜかとぼけた味がある。
伊坂さんの文章は、そういうものをかもし出す。
結末で「まさか、それはないよね」と思うものをわざわざ持ってきて、
それで泣けちゃうのもまた伊坂さんの腕なのでしょう。
人を信じない、感情なんてわからない、なんてふりをして、
心を揺らす物語にしてしまうのだから、
なんだよ、照れ屋さんだなあ…なんて思ったり。
(2009.12.14)
[PR]
by haraheri4 | 2009-12-15 20:07 | 読書 | Comments(0)
<< いくぞ、沖縄 「ソフィー」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索