道草日和。

「夜は短し 歩けよ乙女」

「夜は短し 歩けよ乙女」
森見登美彦
角川文庫

青春の何と恥ずかしい日々よ。
恋も学問も幸運も、
みんな実現するかのような誇大妄想を抱きながら、
邁進する日々よ。
京の町に跋扈する神々とたわむれながら、
むんと胸をはって歩く乙女に、果たして追いつく日はくるのか。

今でも、私が抱く思いの一つが書かれていて恥ずかしくなる。
「読めども万巻に至らず、書を捨てて街に出ることも能わず、…
読書に生半可な色目をつかったあげく、
…清らかだった魂は埃と汚辱にまみれ、
空費されるべき青春は定石通りに空費された」…
あうう。ごめんなさい。
[PR]
by haraheri4 | 2010-01-05 17:33 | 読書 | Comments(0)
<< 「黒猫/モルグ街の殺人」 「光の軌跡」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索