道草日和。

「ジュリアス・シーザ-」

「ジュリアス・シーザ-」
シェイクスピア
光文社古典文庫

「ブルータス、お前もか」ですよ。

何が正義で悪なのか、
演技なのか真実か嘘なのか、
誰をも信じられない恐ろしい芝居。
政治家だけでなく、
民衆の存在もまた白黒いえないむつかしさ。
心打たれやすいのか、それとも真の扇動者はこちらなのか。

にしても。
書かれた当時、2階建ての劇場があったらしいことや、
登場人物がとても多いような気がするけれど
こんなもんなのかな…とか、
当時のお芝居の事情が少し見えます。
馬とか、本当に出てたんじゃないか、とか思ってしまう。
[PR]
by haraheri4 | 2010-01-14 20:13 | 読書 | Comments(0)
<< 「センセイの鞄」 「詩歌の待ち伏せ 2」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索