道草日和。

「酔眼装置のあるところ」

「酔眼装置のあるところ」
椎名誠
本の雑誌社

1989年発行。

タイトル見て、SFだと思ったら
読んだり、山登ったり、川下ったりのエッセイだった。
どかどかっと進んで、
どかどかっと部屋の掃除。
でも読むものがないと、旅ができない椎名さん。

SFは好きだけど、「偶然の出会い」には弱いらしい私には
SF指南となるほど、SFがたくさん紹介されている。他の本も。
10日で310枚の原稿を書き上げたエピソードなども出ていた。
10日で310枚?なんと恐ろしい。
[PR]
by haraheri4 | 2010-01-17 16:30 | 読書 | Comments(0)
<< 干し大根2 「センセイの鞄」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索