道草日和。

「花芯」

「花芯」
瀬戸内晴美
新潮日本文学58 瀬戸内晴美集
1972年刊。

「凍りついた香り」の後に読むものとしては、
ちょっとふさわしくなかったかも。
「凍りついた…」にまつわる愛とは、
あまりにも在り方が違う。

女は嫌い。といいながら
女の業にとらわれていく主人公。
彼女がかわいそうだと、ある紳士が涙を流すけれど
私もそんな気持ちになった。
彼女は納得して、その生活に入って、
それを楽しんでいる。だとしても、
決してしあわせにはみえないのだから。
(2010.03.26)
[PR]
by haraheri4 | 2010-03-27 11:50 | 読書 | Comments(0)
<< 文旦のピール1 「凍りついた香り」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索