道草日和。

「猫とともに去りぬ」

「猫とともに去りぬ」
ロダーリ
光文社古典新訳文庫

人生、何が起こるかわからない。
魚や猫になることもあるかもしれないし、
ピアノで戦うこともあるかもしれない。
ファンタジーの中に現実への批判がはっきり表現されて、
「イタリアの国民的児童文学作家」という解説を読むまで
まったくおとなの物語として読みました。
教訓めいたり、愛国心を育てたりなんて、「児童文学」はごめん。
「児童文学」こそ上質で、ファンタジーに遊びながら、笑いながら、
心に残る物語であってほしい。それがこの人。

「ぜったいやってはいけないことがある。
昼間だろうが、夜だろうが、
海のうえだろうが、陸のうえだろうが。
それはたとえば、戦争。」
解説に載せられた詩はおとなとか子どもとか関係なく。
(2010.04.03)
[PR]
by haraheri4 | 2010-04-04 10:44 | 読書 | Comments(0)
<< 「クリスタル・レイン」 「切れない糸」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索