「猫とともに去りぬ」

「猫とともに去りぬ」
ロダーリ
光文社古典新訳文庫

人生、何が起こるかわからない。
魚や猫になることもあるかもしれないし、
ピアノで戦うこともあるかもしれない。
ファンタジーの中に現実への批判がはっきり表現されて、
「イタリアの国民的児童文学作家」という解説を読むまで
まったくおとなの物語として読みました。
教訓めいたり、愛国心を育てたりなんて、「児童文学」はごめん。
「児童文学」こそ上質で、ファンタジーに遊びながら、笑いながら、
心に残る物語であってほしい。それがこの人。

「ぜったいやってはいけないことがある。
昼間だろうが、夜だろうが、
海のうえだろうが、陸のうえだろうが。
それはたとえば、戦争。」
解説に載せられた詩はおとなとか子どもとか関係なく。
(2010.04.03)
[PR]

by haraheri4 | 2010-04-04 10:44 | 読書 | Comments(0)