「メタルギア ソリッド」

「メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット」
伊藤計劃
角川文庫

「メタルギア ソリッド4」というゲームのノベライズ、
とは簡単にはいえない、伊藤計劃さんの思考がよくわかる戦争小説。
私はゲームはまったくやらないので、
これも知らないのですが、
計劃さんの作品だから、読みました。

「虐殺器官」から一貫している、
「心を縛るものへの抵抗」、
その強さをかんじる。
SFは現在社会を反映するとも、予測するともいわれますが、
徹底的な管理社会は、いま確かに見え始めていて、
作家の目はそれをにらみつけいる。

でも、やはりゲームをまったく知らないので、
過去にいろいろあったらしい事件(というか戦争)のことは、
うーん、説明的な部分も少々あって、
それにやはり戦争なので、
心が弱っているこの頃に読むにはハードだった、1週間かかったな。
(2010.04.14)
[PR]

by haraheri4 | 2010-04-17 12:17 | 読書 | Comments(0)