「ストーム・ブリング・ワールド」

「ストーム・ブリング・ワールド①②」
冲方丁
MF文庫

2巻一気に読める、楽しいファンタジー。
敵を深く知りながら戦っていくスタイル、
「まるで人を傷つけずに人とつきあうことなどできない、とでもいうように」
みたいな一文が、冲方さんらしい。
嘘と真実もまた、白黒決着つけるものにせず、
人の成長に必要なものと捉えている。
とかなんとか、そういうのは気にしないで
楽しいなあ、ってかんじで読みました。
(2010.05.15)
[PR]

by haraheri4 | 2010-05-16 17:03 | 読書 | Comments(0)