道草日和。

「密やかな結晶」

「密やかな結晶」
小川洋子
講談社文庫

これを読み終えた日は調子が悪かった。
だからよけいに心に重く。

物語を心のごはんにして生きている、
私もその一人だけれど、そういう人にとって
この小説で最も衝撃を受ける場面はきっと
共通している。
そこで語られる彼女のせりふは、
歴史が繰り返し証明してきたから、
私たちは「たかが小説」と笑ってしまうことはできないのです。
およそ、はかないもの、美しいもの、甘いもの、
あってもなくてもいいけれどあると心がふわりとなるものは、
生きていくのに必需品ではない。物語ももちろん。
でも、そういうものこそ必要なのです、生きるために。
生きるのに必需品ではない、けれど大切なものが
奪われそうになっていることは、
私の心を奪おうとしているということ、
そのことを物語を通じておしえてくれる。

私は、物語から顔をあげて、
おしえてもらったことを現実にみる。
(2010.05.20)
[PR]
by haraheri4 | 2010-05-23 12:01 | 読書 | Comments(0)
<< 「地球保護区」 「ストーム・ブリング・ワールド」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索