「ザ・ロード」

「ザ・ロード」
コーマック・マッカーシー
ハヤカワepi文庫

一行一行、読むのが苦しい。
終わりのない、苦痛に満ちた「ザ・ロード」。
ああ、もうここでいい、
これで止まってもいい、と思うほどに。

日本人ならすぐ連想する光景ではないだろうか。
英語圏の人々は、何を連想するのだろう。
あの光景は地獄、さらに「ザ・ロード」には
残された人どうしのすさまじい地獄が待っている。
地獄の中の光、炎である者の、
善意と勇気に励まされる。

映画化されるそうですが、
とても映像を見る勇気はありません。
(2010.06.17)
[PR]

by haraheri4 | 2010-06-19 16:36 | 読書 | Comments(0)