道草日和。

「めぐらし屋」

「めぐらし屋」
堀江敏幸
新潮文庫

あたたかい謎に満ちた物語。
私の子どもの頃も、謎があった。
真っ黒で、近づけない謎に思えた。
今は、その謎はどうということもなくなり、
私も彼女のように
「なぜ、なんて難しいことは聞かない。
何があったか事実だけ教えてくれればいい」という気持ちになり、
それすら通り過ぎようとしている。
数量化できないものを数量化してしまう日常の中で、
それから遠く離れたところにあるものが
あってもいいじゃないかと思わされる。
いつも堀江さんの一言、一行に
あたたかくなり、せつなくなります。
(2010.07.02)
[PR]
by haraheri4 | 2010-07-04 17:31 | 読書 | Comments(0)
<< 「砂漠」 「ニシノユキヒコの恋と冒険」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索