「砂漠」

「砂漠」
伊坂幸太郎
新潮文庫

このところ読書のコーナーでは
「せつない」とばかり書いている。
だから今回も「せつない」。
なんてことは、まるでない。

なんてことはまるでない、なんて突き放しながら、
イマドキの若者が
熱さも、根性も、「やるときはやる」ということもないんだ、
なんてけして言わない。
彼らの温度なりに、沸騰するときはするんだ、
という姿が描かれていて、好感。
だから砂漠でもきっと生きていける。
(2010.07.07)
[PR]

by haraheri4 | 2010-07-10 13:51 | 読書 | Comments(0)