道草日和。

「GOSICK Ⅲ」

「GOSICK Ⅲ-ゴシック・青い薔薇の下で-」
桜庭一樹
角川文庫

本物の探偵には会ったことはないが、
小説で出会う探偵はどこか変わった人ばかりだ。
この本の探偵もまた。

このところ、仕事のために
障害児の保育や乳幼児期の生活・発達について本をいくつか読んだ。
それで、仕事以外で「GOSICK」を読んでいると、
この探偵はもしかして何らかの障害をもつ、
超天才なのかもしれない…と思った。
その姿、他人への態度、混沌を再構築する能力。
社会性に困難をもっていた探偵の前に
現れたワトソンとの交流から、
「誰も愛したことはない、なんてない」と思えるようになってきた。
その姿に、「誰もが発達の願いをもっている」と思う。
(2010.07.24)
[PR]
by haraheri4 | 2010-07-25 15:28 | 読書 | Comments(0)
<< 「やさしい訴え」 「GOSICK Ⅱ」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索