道草日和。

「貴婦人Aの蘇生」

「貴婦人Aの蘇生」
小川洋子
朝日文庫

落ち着かない館と、たくらむ男。
貴婦人が気の毒で、何とかならないかと気をもむのだが、
貴婦人の蘇生によって
それらが変わっていく。
彼女が本物かどうかなんて、どうでもいい。
おだやかな毎日をあげたいと、
私も彼も男も思うようになる、なった?のかなあ。

私は、お年寄りの行動に切なさを覚えることがある。
財布を触っていたり、買い物袋をもっていたり、
そうしたささいなことなのだが。
Aの文字は、私にそういう気持ちを起こさせた。
できれば、彼のように口も手も出さず、
落ち着いた心で貴婦人の側にいたいけれど。
(2010.08.06)
[PR]
by haraheri4 | 2010-08-08 10:46 | 読書 | Comments(0)
<< 梅仕事・梅干3 「グラーグ57」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索