道草日和。

「音もなく少女は」

「音もなく少女は」
ボストン・テラン
文春文庫

私はこの男たちを知っている。
女たちは私自身。
積み重ねた家族と社会の歴史が
私たちを弱くする、力なきものにする。
そこから我をもち、自分の人生を生きるのは
とても、とても苦しい。

なぜ、ここまで、どうして…
でもそれはよくわかること。
男たちもまた、自分の人生を生きることを
ちゃんとできてこなかったのだから。
男らしくあれ、と育てられてきたのだから。
男だから、女だから、障害があるから、
だからなんだ。

それでも彼女の悲しみは消えない。
[PR]
by haraheri4 | 2010-09-05 16:13 | 読書 | Comments(0)
<< 「フェンネル大陸偽王伝1 狐狼と月」 「ゲド戦記」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索