「最後の命」

「最後の命」
中村文則
講談社文庫

命は割り切れない。
何をしようと、誰であろうと、
命は命なのだから。

中村さんにはいつも揺さぶられる。
読むのがつらい。
私も、かつて中村さんが書いた
悪そのもののようなものを手にしたら、
心を保っていられる自信がない。
(2010.10.13)
[PR]

by haraheri4 | 2010-10-30 17:40 | 読書 | Comments(0)