道草日和。

「光ってみえるもの、あれは」

「光ってみえるもの、あれは」
川上弘美
中公文庫

これまで読んできた川上さんの本は、
たいてい女性が主人公だったけど、
今回は青少年です。

生きていくってどういうことなのか、
いまだにわからない、
だから「早くおとなになりたい」気持ちは、
おとなに見える人たちももっているかもしれないよ。
ふつうがよかった、たいていがなんでもふつうに思えた、
その主人公が何かから動き出そうとする。
その場所がなんとも、「よく選びましたね」といいたくなるようなところで。
川上さんは、おとなもその手前の人も、たぶん子どもも
何らかのうつうつしたものを抱えて生きていることを知っていて、
それを平易な文章から
あるとき「とんっ」と軽く背中を押すように見せてくれる。
だから、油断大敵なのです。
(2011.01.11)

いま読んでいるものは、
手ごわいので、きっとupできるのは結構先だと思います。
[PR]
by haraheri4 | 2011-01-16 17:12 | 読書 | Comments(0)
<< 今日のおかゆ・鶏手羽入り 「アインシュタイン・セオリー」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索