「悪魔はすぐそこに」

「悪魔はすぐそこに」
D・M・ディヴァイン
創元推理文庫

私は、いかにもパズルな本格も
「様式美」としてすきなのですが、
今回のようなミスディレクション 【misdirection】 を誘う小説、
好きです。
パズルに見せないけれど、
きちんと構築されている(んだろうなあ)ところがすごい、
で、それが建築物の中に溶け込んでいるため、
自然に読んでしまう。
そしてうかうかとミスリーディングしてしまうのです。
「もう一度読むとあの人の隠された側面が浮き彫りになる」との解説、
結末を忘れないうちに(なかなか忘れられるような結末じゃないが)
もう一度読みたい。
(2011.01.28)
[PR]

by haraheri4 | 2011-01-30 10:40 | 読書 | Comments(0)