「半身」

「半身」
サラ・ウォーターズ
創元推理文庫

彼女が半身ではないことはわかっていて、
誰が半身かもわかっていたけれど、
そこにいたとは。
でもそれでみな辻褄があう。
半身のために、再び裏切られたあの人は、
どうなってしまうのか、
それを思うと半身が行った犯罪は、
ただ金品を奪っただけではないのだ。
それが残酷で、つらい。
(2011.02.02)
[PR]

by haraheri4 | 2011-02-06 10:41 | 読書 | Comments(0)