道草日和。

「真鶴」

「真鶴」
川上弘美
文春文庫

今回は、かなり湿度が高い作品だ、というのが
一番の印象です。
解説では「川上文学を代表する作品」とあり
(そこまで読んで、まだその先は読んでいない)
私としては、これまで読んできた川上作品との
湿度の違いに、驚いていたのですが。

「愛してる」なんていわないで、
「ただあたたかい」「強い場所」「いたい(痛い)」という言葉で
表現される心や場所のありよう。
ひらがなや漢字で書き分けられる思い。
ついてくるなにかと「強い場所」である「真鶴」で、
いまと過去とを幻のように見る。
何がよくて、だいじで、離れがたいかは、
血がつながっているとか、いないとか、
いまここにいるとか、いないとか、ではいえないのね。
いまいる人から「つらい」といわれてしまうのは、
少し理解できないけど
(だって、あなたには帰るところがあるじゃない?と思ってしまう)。
ゆらゆらとつながり、はなれ、時が経ち、
止まっていたものが少し動き出す時、
美しいものに初めて気がついたりする
(それは私も経験したことがある)。
美しいものを、そこにあるのに見ることができなかった自分から、
美しいものを見ることができるようになるとき、
物語は動き出す、彼女も私も。
(2011.03.01)
[PR]
by haraheri4 | 2011-03-05 12:46 | 読書 | Comments(0)
<< 今日のおかゆ・ほうれん草入り 「まほろ駅前多田便利軒」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索