道草日和。

「ばかもの」

「ばかもの」
絲山秋子
新潮文庫

読み始めたときは、
こんな展開になるとは思わなかった。

このようなことが、
小説としてふつうに読まれるようになったのは
一般にわかってもらう一歩になるからいいと思いつつ、
「一般的すぎる」というか、
「回復はそんなに簡単ではない」というか…。
その病をもつ家族としては、複雑です。

「ばかもの」って誰なんだ、
ということを考えます。
私は自分がとても常識的かつ優しい人間だと、
とんでもない勘違いをしていたものですから
(本当はそう思い込まないと、からっぽの自分に直面してしまうのがつらいから、
他人を思うより、自分のために「親切なふり」をしていただけなのです)、
「ばかもの」だったのは私だよなあ…と思うのです。
「ばかもの」である私は、人にホリックする。
人間関係や感情にのめりこむ。
だから、彼女のこと、少しわかるように思うのです。
(2011.03.31)
[PR]
by haraheri4 | 2011-04-10 19:08 | 読書 | Comments(0)
<< 「GOSICK Ⅶ」 「バルザックと小さな中国のお針子」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索