道草日和。

「木曜日だった男」

「木曜日だった男 一つの悪夢」
チェストタン
光文社古典新訳文庫

ブラウン神父シリーズの著者だったとは、
読後に知って驚き。

私の信条は木曜日にも日曜日にも与しないのですが、
それを置いておくと、なんとも不思議な物語です。

疑心暗鬼で、敵の中で味方の顔で闘って、
それでも自分は人間らしい側にあると信じているから
全力で走ることができるのに、
カードがひっくり返ると、違う顔が見える、
じゃあ、あの人は。あの人は。
そして世界が襲ってくるような気持ちに追い込まれて。
それだけの闘いの経験が、しっかりありながらするりとすり抜けてしまうときに、
じゃああれは何だったのかと思わずにいられない。
(2011.05.27)
[PR]
by haraheri4 | 2011-06-04 16:15 | 読書 | Comments(0)
<< すりおろしりんご酵母 「ミーナの行進」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索