道草日和。

梅仕事・梅干1

今年も梅干づくりの季節がきました。

とはいえ。
今年ほど「テケトー」(「適当」適切に当たっているとはいえない)な
年はない。
レシピなどないようなもの。

梅1キロあたり300gの塩。
漬けごろ梅を購入しているため、水にはつけず洗うだけ。
へたを楊枝でとる。
で、梅、塩、梅、塩、とびん(焼酎でふいて消毒)につければいいのだが、
1つのびんに入れているうちに
「これじゃ、あとで重石が入れられないよ」ということに気づき、
もうひとびん用意…というか、
毎年同じことにやってから気がついている、覚えろ私。
しかし、2びん用意したときには、
すでに梅、塩、梅、塩、をやってしまっていた。
昨年は、そこでもう一度計りなおして梅と塩を入れたような気がするのですが、
今年は、えーい、そのまま2びんに分けてしまえ!
という感じでやってしまいました。
しかも、今回は昨年の梅酢がもったいないからその中に漬けよう、
ということにしていたので、
水分の中に塩がもうとけかけているじゃん!
b0044694_758944.jpg


…そんなかんじで、今回はいつもやっているレシピの自動リンクも
トラバもせず、おとなしくupするだけです。
来年の私に、「間違えるなよ」というメッセージをこめて。
(2011.06.25)

翌日、重石を乗せる。
b0044694_85199.jpg

(2011.06.26)
[PR]
by haraheri4 | 2011-07-04 07:58 | たべもの | Comments(0)
<< 梅仕事・梅シロップ 「バルサの食卓」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索