道草日和。

「希望」

「希望」
瀬名秀明
ハヤカワ文庫JA

新しい発見が古い倫理を壊すなら、
瀬名さんは「希望」という言葉の持つ意味を
いったん壊したのかもしれません。

7つの短編のうち、
「わかった、ような気がする」のが半分くらい。
残り半分は、よくわからない、
たぶん私の読みの浅さなのでしょう。

これが長編だったらいいのに…
ということは時々思いました。
その世界の理屈がしっかりと立っている中で、
物語が進行していくのが、
よくできたSFの基盤になるのだと思うのですが、
短編ゆえに説明的に感じられたところがあって
(「私が」そう感じたのであって、
ちゃんとした読み手ならきっとしっかりわかるはずです。
お恥ずかしい)。
長編なら
物語の大きな身体があって
そこに神経のようにその理屈をはりめぐらすことができるのでは?
と思ってしまいました。
そうしたら、私のような頭でも理解できるかなあ…と。
すみません、「もしも」は禁句ですよね。
(2011.09.10)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-12 18:22 | 読書 | Comments(0)
<< 豆腐白玉団子 「宇治拾遺物語」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索