「ファミリーポートレイト」

「ファミリーポートレイト」
桜庭一樹
講談社文庫

桜庭さんが「ファミリーポートレイト」という小説を書くなら、
きっとこうなる、と思った。
似たようなストーリーだろう、とかということではなく、
きっと、ファミリーを突き詰めてくるだろう、と。

だから、私の腿にもまた血がにじむ。
涙を浮かべて、あなたのサインをもらうために並ぶ。
たった1人の痛み、
けれど近い痛みを持っているから、
そんなあなたがとにかく生きる、という姿に
私もそうでありたいと思うのです。
物語がなければ生きてこられなかった、
いまも子どものままの私は。
(2012.01.06)
[PR]

by haraheri4 | 2012-01-09 13:21 | 読書 | Comments(0)