「贖いの日」

「贖いの日」
フェイ・ケラーマン
創元推理文庫

アメリカには多くの民族が住んでいる、
ということを、あまり考えていないのだ。
だから、ユダヤ人街ということに不思議を感じた。
つながりの見えなくなった刑事の苦悩と、
少年のゆくえを追いながら、
アメリカのユダヤ人ということを考える小説。
(2012.03.06)
[PR]

by haraheri4 | 2012-03-16 20:36 | 読書 | Comments(0)