道草日和。

「女の一生」

「女の一生」
モーパッサン
光文社古典新訳文庫

「女の一生」、
いったいこのタイトルの小説は
世に何冊あるのだろう。
で、今回はモーパッサン。

うん、持てるものがいつも幸せではないし、
いろいろうまくいかないですよね。

フランスの田舎の風景が眼に浮かんでくる。
風が緑が心を清かに触れていった頃、
何も知らなかった頃が、
では幸せだったのか、そうもいいきれない。

日本の神々は長い名前をお持ちですが、
久々にこんな長い名前の人に出会った。
「レオポール=エルヴェ=ジョゼフ=ジェルメール・ド・ヴァルヌヴィル・ド・ロールボスク・ド・クートリエ」公爵。(本書244p)
一度素通りして、もう一度戻ってきて読み返した。
ド、って何回言った?
3回?

(2012.03.30)
[PR]
by haraheri4 | 2012-04-07 07:59 | 読書 | Comments(0)
<< 「ビブリア古書堂の事件手帖 2」 「木練柿」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索