「境界線上のホライゾン Ⅱ」

「境界線上のホライゾン Ⅱ」
川上稔
電撃文庫

「境界線上のホライゾン Ⅱ 上」
(2012.06.13)

「境界線上のホライゾン Ⅱ 下」
6月。
私の読書は「ホライゾン」でほぼ終わった。
上下巻で2000ページ、それ、文庫でいいんですか。
終わった時は、ほっとしたよ。
毎日、重いわ、厚いわ。

我が家では「ホライゾン」のことは、
設定小説、と呼んでいる。
どんな小説にも設定はあるけれど、
こんなフロントに押されているの、見たことないです。

ラブ、なめんなよ。
って感じですかね。
私は長らくなめていたし、
今もどうかするとなめてかかる。
「一緒にいてあげる」なんておこがましい、
私が一緒にいたいだけなんだ。
「あなたのために」なんて言い訳、
本当は自分のしあわせのためにそうしたいだけだ。
(2012.06.21)
[PR]

by haraheri4 | 2012-06-22 21:39 | 読書 | Comments(0)