道草日和。

「消え去ったアルベルチーヌ」

「消え去ったアルベルチーヌ」
プルースト
光文社古典新訳文庫

一度挫折して、今回読み直した。
また挫折しそうだった。

「私がおなかがすいていることは、
私以外の誰もが知っていたが、
私だけが知らなかったとは
明らかでなかったとは言い切れない」みたいな
(↑これは今適当に作った文ですが)
結局おなかがすいていたのか、すいてないのか、
知っているのかどうなのか。という
一読ではつかみきれない文章が、
こう、立て続けに。
訳者は「一読でわからないように、
何度も読み返すように書かれている。
それがプルーストの狙いでもある」という。

加えて、男のこんにゃろ的態度。
「その女の態度を、どう解釈すれば、そう受けとめることになるんだ」
と、言ってやりたい(たぶん、彼は聞く耳を持たない)。

と、困難はいろいろあるのだが、
なんだかもう、読まずにいられない。

でも、これ、全七巻立ての一巻にすぎないのです。
「全巻制覇の道しるべ」の一冊らしいのです。
…それは、また、いずれ。
(2012.07.09)
[PR]
by haraheri4 | 2012-07-15 19:40 | 読書 | Comments(0)
<< … 「ゆめつげ」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索